専門学校の現状と選び方

分野別に見ていくと学生数の増加が近年多いのは「衛生分野」です。テレビなどで「カリスマ」という存在がもてはやされた美容系の人気や調理系の人気が高いためです。

サイトトップ > 専門学校の学費

スポンサードリンク

専門学校の現状と選び方

専門学校の学費


進学する上で一番気になることは学費です。専門学校に進学するにあたりいくら学費がかかると思いますか。学費といっても専門学校によっても分野によっても様々です。 実際にいくらかかるか知りたい場合は、自分のやりたいことを見つけて、分野を決めてから具体的に調べることをおすすめします。


学費の一般的なことだけお話しておきます。 専門学校の学費については、一年分の学費を一括納入することが原則とされています。 月謝という考え方ではなく、年単位です。 ただし分納という方法が多くの専門学校では認められています。 初年度分の学費はほとんどの場合入学手続き時に行います。 どうしても期限内での支払いが難しい場合は、分納も併せて専門学校に直接相談するようにしましょう。


学費以外にも教科書代や教材費、学習用具、学校の制服代など多くのお金がかかります。 分野によっては教材費などが学費よりも高くなってしまうところもあります。 いざ入学して支払うときになってから困らないように、事前にきちんと金額を確認しておきましょう。


学校や分野によって違いますが、ある一例でおおよその学費を挙げておきます。 東京都内にある昼間部の専門学校における学費の平均は約120万円です。 様々な分野の中で学費が高いところは、鍼灸マッサージの分野で約192万円、製菓分野で約160万円です。 農業分野は約98万円、服飾分野は約97万円、看護分野は約80万円と比較的安くなっています。 入学前には、学費と教材費、教科書代まで必要となるお金すべてを確認しておくようにしましょう。


専門学校の現状と選び方

MENU



スポンサードリンク